森林インストラクター森に関心を持ち、自然を大切にしている
(森林の便り
1月号1月23日更新
あなたは  番目の訪問者です   森の案内人 安楽行雄  MORINOANNAININ YUKIO ANRAKU・・・・・安楽行雄・・・・・・・ 
                 
      閉鎖中クリックすると安樂の私的活動報告です。
目次 
会報
 九州森林インストラクター会12号会報

イントラ報告

1−一木100山 金峰山下見 31:1:5

2 一木100山 金峰山観察会31:1:10

3 夏希さん成人式 31:1:14

4 FEC 甲佐岳 31:1:19

5 宇土白山観察記








































































1一木100山 金峰山下見 31:1:5


金峰山には数え切れないほど登っているが、3の岳への
正式ルートを上ったのは始めてであった。クロスカントリーのコースとなって
ある程度の整備はなされていたが、山道であった。登りついたのは3岳の
お寺の真ん前であった。初めてのコースで面白かった






写真のように、その昔お金があった頃の登山道で、木の階段が
作ってあり、往事の登山の賑やかさが伝わってくるようであった
現在は、登山者もほとんど無く、クロスカントリー大会時は賑わうのだろう





上り詰めたところは、3岳のお寺の境内に続いていた。
お寺の雰囲気は良い。霧がかかっていたので尚のこと
荘厳さが感じられた。俗人であればあるほど感じるのか





3岳頂上の手前に大きな石の舞台があった
たぶんお寺のお正月の舞があったのだろう
苔むした舞台には歴史が感じられた。





3岳の頂上はこのベンチの奥にある。私も頂上の三角点
を確認したのは初めてであった。この広場には何回も
休憩して、大きな眺めを満喫していたのだったが三角点は初めてであった





ここは2岳の頂上です。私の登山コースは反対でやややさしいコースだが
今回は反対からの登山だったので大変だった
霧が深く、360度の眺望が有名であるが今回はキリのため
何にも見えなかった。又登って来いとのサインだろう

























2 一木100山 金峰山観察会31:1:10



金峰山3岳への登山口は、集落のコミニテイからの出発です
広場の一角で受付が始まりました
18名の参加があり大変な賑わいでした







旧知の人が集まり、情報交換に多くの時間を取りました
皆さん見かけは年を召しておられますが
なかなかどうして元気そのものでした





やっとで3岳のお寺に着いたのですが、全員が登りつきました
中にはこのコースの登山に参加した人もあり
知研を相当高めました。下見の時イスノキを見なかったのですが
頂上近くで観察できました






仲良し4姉妹?昔の同僚で職場が一緒だったとか
この4名のお陰で登山が盛り上がりました(黄色の声に包まれて)
どんなに頑張っても男性は女性には勝たないと思いました








2岳の頂上。最後の登りが応えました。下見の時は霧で視界ゼロでしたが
本番はしっかり晴れ上がり、どこまでも眺望がありました
下見した人が「人が悪いのでは」・・そんなことはありません






足回り手回り、身支度もばっちりです
全員が足並み揃えて元気に歩きました
みんなと歩くと元気が出ます。引きこもりせずに
次の例会への参加期待しています。
頑張りましょう



























3 夏希さん成人式 31:1:14
我が家の孫2番目、夏希さんです。
元気に、健康に、20歳になりました
私から言うのも何ですが大変な美人です

1月14日、成人式の日に我が家まで駆けつけてくれました。
晴れ着が大変に似合い素晴らしい美人に仕上がっていました。
現実に帰れば、連日勉強実習に明け暮れて花嫁修業どころでは無いようです







我が家では写真を撮る場所が無かったので
道路の陰の部分で撮影しましたが光の関係がうまくいきませんでした
しかしながら夏希さんの綺麗な姿が何よりのモデルでした









この写真はプロが写した写真です。
素人とは格段落ち外があることが分かります
いいカメラだからなんて言うのは嘘です
長い間の経験がものを言うのだと素直に思いました









なかなかの美人です。20歳、しっかりした成人です
姉妹家族をはじめ、周囲の方達に気を配り
心の内容を伴った大人になってくれることを祈っています









やはり夏希さんには笑顔が似合います
何時も笑顔を絶やさず、気を配りながら経験を積んで
立派な大人になって下さい
人生今から、いろんな事があります。逆境の時ほど家族や友人を思い出しましょう








残念ながらママが来られませんでしたがパパも格好良いです
親に感謝し、病気をしないよう毎日を大切に生きて下さい。
若いときほど時間を長く感じますがそれだけやることがこなされます
友人に負けないよう勉強して来年は立派な社会人へ






























4 FEC 甲佐岳 31:1:19


1月の例会は甲佐岳へ登りました。
快晴の天気に恵まれて元気に全員が
登頂できました 










登り始めにピラカンサの花が咲いていました。
花で無く果実が熟して赤い実を付けていました
やがて野鳥が来てついばむのでしょう











甲佐岳の登山口のでっかいイチョウは見物(みもの)です
このイチョウの周囲はどうして測るのでしょうか
カツラもこのようにして周囲にボウガを沢山出して専有面積を広げていきます







いよいよ登り坂です。甲佐岳はほとんどが急坂で
緩んできたら頂上です。頑張り甲斐があります。
9割以上人工林の中を歩きます
石灰岩があちこちの転石状に転がっていますメヤブソテツを採集しました








見晴らしのきくところからやく200m「歩いて森の中へ入ったところが
頂上の三角点があります
全員が登り切りました。天候まで味方してくれました














帰りに再度銀杏を観察しました。
見れば見るほど大きく立派でした。ぼうがもさる事ながら
木の幹の一部が垂れ下がる「お乳」の「こぶ」も成長しており
見事でした。この付近でビロードシダを発見しましたが
高い場所で採集は残念ながら出来ませんでした