森林インストラクター森に関心を持ち、自然を大切にしている
(森林の便り
1月号1月23日更新
あなたは  番目の訪問者です  森の案内人 安楽行雄  MORINOANNAININ YUKIO ANRAKU・・・・・安楽行雄・・・・・・・ 
                 
      閉鎖中クリックすると安樂の私的活動報告です。
目次 
会報
 九州森林インストラクター会12号会報

イントラ報告

1−アオキのアオを考える

2 水俣 記念採集会 30:12:22

3 リース作り(面白) 30:12:8 

4 FEC 忘年会  30:12:23

5 我が家の新年会  元旦

































オキのアオ何色か
再度クリックして下さい

アオキの「あお」を考える





































我が家の新年会  31:1:1 真紀子宅
美咲インフルエンザでママと2人参加できず

映倫によるカット
(親族には別途送付します)
我が家の元旦は家族一同の記念写真から始まるのであるが
残念ながら中学1年生の美咲(中学2年生)がインフルエンザ
のため参加できず、ついでにママも参加できませんでした
これはしょうが無いとして都合の出来る者の内、娘の家族が代表参加
お母さんを中心にして記念写真を撮りました




映倫によるカット
(親族には別途送付します)
我が家を仕切ってきたお母さん、日々元気にすごしています。
寂しさを感じないよう毎日お見舞いに行き話しかけています。






今年は素晴らしい新年になりました。汰樹君が熊本市の先生に
採用されることとなりました。
人生の先輩があれこれ分からんことを指導しています。
時々指導者も、それはいかんと叱責を受けたりしながら







手前が今年20歳になります。日々勉強に励んでいます。
大きな目標は来年の国家試験に合格しなければなりません。
朝早くから学校と実習の病院へ行き勉学に励んでいます。
成人式の着物姿が楽しみです
来月のこのHPをお楽しみにしていて下さい

向こうに写っているのが皇稀君です。高校でバスケットの副キャプテン
どんな役目なのかよく分かりません








汰樹と意気投合しました。学校の先生と警察官は、悪いことをしたら一発だぞ
しっかりと認識しているようで大、大 安心しました
鹿児島県川辺の幻の焼酎を頂きました
4名でささやかに飲んで1升上げました。これ 飲み過ぎで無いですか。








映倫によるカット
(親族には別途送付します)
私の孫にはもう社会人がいます。この写真は自動シャッターを試しているときの写真です
表情が良くてめったに撮れないシャッターチャンスだったようですので
良い表情に出来ました。婿が調整しており、2番目の皇稀は
何を騒いでいるんだと調整の間はスマホをいじっていました。
敬礼をしているのが長男匠吾君です。背は180cmを超え、靴は29cmです





































熊本記念植物採集会  水俣市 12月22日


 キイレツチモチを見る観察会を中心に開催されました。サツマシダや
ハマナツメ等を観察しました。
私はシンテンウラボシの羊歯を観察しました





 この場所にはキイセンニンソウの天然記念物が生えていたのですが
清掃作業中に切断され消滅したそうです。
キイセンニンソウはここから遠くない境川周辺で観察したことがありますので
絶えることは無かろうと思っています






 植物採集会の先生方とひさぶりに再会しました。皆さんお元気で
参加者のお世話に尽くしておられました。
 私が始めて参加したのはもう30年も前からです。ますます盛会で
参加者も30名を超える賑わいでした






 水俣の椎葉先生です、日本シダ会のメンバーで故義兄と一緒に
活動された方です。ますます大元気で、’この周辺の情報をたくさん
解説されました。







 皆さんお元気でした。この海岸を歩くのには難儀しました。此処を
歩かないとキイレツチトリモチやハマナツメは観察できないので、皆さん
元気で海岸を歩いておられました。







 採集会の終わり近くになって椎葉先生の講義がありました。写真や
記録を持参されて分かりやすい講義でした。森林インストラクタ−の
原点を見たようなでした。この後、サツマシダやシンテンウラボシを
、観察したのですが個体が少なくなっていると言うことで、特に場所は
明記しておりません。(此処は私の判断)












































リース作り  森を学ぶ面白塾  12月8日

 恒例のリース作りをしました。参加者は小学生から白髪の娘さん?
まで賑やかでした。
 恒例になっているので以前参加した人も来られました。又男性も孫用
と思っていましたら自宅用だとか。スタッフの用具集めも大変でしたが
素晴らしいできばえでした。







 飾り道具は100キンで取りそろえていました。便利な世の中になったと
嬉しく思っているところです。20年前、最初の頃は、飾り道具が高くて
会費の決定に苦労しました。現在では、会費400円で間に合うところ
でしたが、あれもこれもと勝ったために少し赤字になりましたが、参加者
に喜んで貰い帳消しになりました。






 右のおばあちゃんは何時も参加して下さいます。鶴屋で買った上等
の飴を何時も配って下さいます。自分たちでは考えも及ばない鼈甲細工
のような飴です。何時も楽しみにしています。










 今回はマツボックリと赤い実が沢山採れましたので多くの派手な色
が混ざり素晴らしいリースになりました







 何しに来たのかな。参加する事に意義ありと、遊びながら楽しく
過ごしていました。スタッフの応援を貰ってリースが出来上がり喜ん
でいました。出来上がりの写真は集合写真で確認して下さい








 これがその集合写真です。後に飾ってあるのが作製したリースの数々です。
クリスマスのも良いのですが、爺チャン婆ちゃんにはクリマスのお小遣い
正月のお小遣いと年金がほそんで行く時期ですがそれも楽しみの一つです。






































FEC 忘年会  12月23日



 今年はいろいろありました。喜界島紀行が思い出に残っています。台風による
飛行機の欠航初めての経験でした。来年もいい年でありますようにと祈って
乾杯で忘年会が始まりました。







 会長から挨拶。来年も頑張りましょう







 なにわともあれいい年でした。森に、面白塾に頑張り、おおいに賑わいました。
これも会員のみなさまのご参加が無いと始まらないことです。会員が年々高齢化して
新しい入会者が皆無ですが、加齢するほどに頑張って外へ出ましょう。
 恒例になり自由に歩けない人もいますが、FECで共に歩きましょう






 皆さん元気です、決して飲むときだけの元気ではありません。足の手術を繰り返しても
FECを第1に考えている人もございます。それが努力です。登れないなと思っても出てく
れば何とかします。そんな素晴らしいスタッフばかりです。スタッフも皆さんに負けずに年
は取っていますが。参加すれば何か良い日が送れます






 釣りの名人が最後を締めくくりました。自分と同じ位のヒラメを釣り上げ最高の年でした
隣も釣りの名人です。こちらも自分と同じ位のぶりを釣り上げました。
 今年も山に海に頑張ると宣言がありまして、乾杯をしました。
 自分が何時までも元気にしている方法はつらくても嬉しくてもFECに参加する事です。
それなりの情報が手に入り新鮮な毎日が送れます。
 あまり理由は分かりませんが、例会への参加者は何時も笑いにあふれています。