小教理問答書の学び

 はじめに

 ルターの『小教理問答書』は、世界のすべてのルーテル諸教会の、信仰の規準であります。その形は小さく、文章は簡単ですが、意味はまことに深遠で、キリスト教文献の古典として、多くの教理問答書の中でも最もすぐれたものともいえます。
 
農民戦争のために荒れすたれた教会を再建するために、ザクセン侯の命によって、一五二六年から二九年にわたって、改革者たちは数回その領土内の宗教状態を巡視しましたが、ルターもそのひとりでした。そのおりルターは、地方民はいうまでもなく、牧師たちまでが無知無能であり、主の祈り、十戒、使徒信条をさえ唱えることができないありさまを見て悲しみにたえず、きわめて平易なことばで、キリスト教の要点を書いて、公にしなければならないと感じました。

巡視旅行から帰ると、彼はただちに筆をとって二つの教理問答書を書きました。
その一つ
は牧師たちのための『大教理問答書』で、他は一家の主人がその家族に教えるための『小教理問答書』です。
この「小教理問答書」が出版されたのは、1529年5月16日のことでした。それ以来約500年の長い間、キリスト教のよき手引きとして、宗教教育のため、また一般伝道のために、各国で広く使用されてきました。この訳は、1951年 全ルーテル協議会が内海季秋牧師、宮坂亀雄牧師を文書委員を任命し、誰にでもわかるような平易な文章で『小教理問答書』を改訳するように依頼し、出来上がったものです。

 

小教理問答書は、以下の2部に分かれて記されています。

第一部では教理的な部分。つまり信仰の基礎について学べるようになっています。それは

以下のような内容です。

 

第一部(ルーテル教会の基本3信条と礼典)

       
十の戒め(03.03.22)

        使徒信条(03.04.09)

        主の祈り(03.04.19)

        聖なる洗礼の礼典

        聖壇の礼典、または聖晩餐(聖餐式)

 

第二部では信仰生活に必要な祈りについて記されています。

        朝夕の祈り

        祝福と感謝

 

以上について、多少の説明を加えながら学びたいと思います。しかし、文章では限りがありますし、説明不足のところもあるかと思いますので、遠慮なくご質問ください。