聖書とは

●旧約聖書と新約聖書

 聖書は、旧約聖書と新約聖書からなります。これらは、旧い契約(旧約)と新しい契約(新約)ということで、神様と人間との間の「契約」を指しています。
旧約聖書には、天地創造の出来事、アダムとエバのエデンの園で人間が神様との契約を破ったお話しから始まり、神様と共に生きることを捨てた人間のさまざまな苦悩、その人間を愛しつづけ、救いのみ手を伸ばし、預言者などを通して、神様に立ちかえように呼びかける神様の心が記されています。また、モーセの十戒のように神様から頂いた戒め(律法)も記されています。
新約聖書は、イエス・キリストの誕生物語から、イエス・キリストのお話し、奇跡、その生涯、十字架上の死、復活、などの出来事が記されています。またその後の教会の成立、信仰指導の書簡、そして預言で終わっています。イエス・キリストのご生涯は、私たち人間に対する神様のお心を具体的に示す神様の言葉です。そのもっとも具体的なしるしが、イエス・キリストの十字架であると教えています。


●信仰の手引書

 聖書には人間として守るべき事、律法が示されています。また、人間には罪(不完全さ)があり、自分の努力だけでは完全ではない。そのためにイエス・キリストが示された福音が与えられています。イエス・キリストのお話しに静かに耳を傾け、その十字架上でも人を愛し続けた本当の愛に触れ、私たちは新しい生き方を示されます。毎日曜日、神様を讃美し、聖書に学ぶ礼拝のひとときをもっています。また、その生き方に基づき、社会福祉、奉仕、教育などを進めています。


●新共同訳聖書

 聖書にはいろいろな訳の聖書があります。最近では、超教派(エキュメニカル)運動といわれ教会はカトリックもプロテスタントも一つになって翻訳された「新共同訳」という共通の聖書が読まれています。世界の平和や自由のために協力しています。




ホームに戻る